ルブテックオイルお客様の声(続き)

国産ガソリン車・低粘度


●車種:トヨタ クラウンロイヤル
開始距離:63516q
使用商品:工場専用インディウルティマSN 0W20
開始直後:特に変化無し
途中経過:@エンジン音が静かになった気がするA燃費の向上(給油後平均燃費が12.5q/L→13.3q/L)
B高速走行時の際加速アクセルレスポンス感が滑らか
・終了時点:現在テスト中

車種:ニッサン エクストレイル2Lガソリン車
開始距離:17648q
使用商品:工場専用インディウルティマSN 0W20
開始直後:タイヤを冬タイヤから夏タイヤに変更した際にオイル交換もしたため、
すごくスムーズに進むように感じた
途中経過:加速がスムーズになった為気持ちよくスタートできる
その分燃費は出ていないような気もする(自分がアクセルをふみすぎている?)
終了時点:エンジン音がすごく小さくなったように思う。相変わらず加速はスムーズ
長距離で12q/L、近距離で8q/Lクーラー等の利用で燃費が多少落ちるが▲1q/L程度

国産/輸入ガソリン&ディーゼル車・中粘度


●車種:Mベンツ V230
開始距離:83749q
使用商品:工場専用インディウルティマSN 5W30
開始直後:944q走行にて→燃費8.56q/Lで約0.5q程改善→水温が2〜3℃下がった
→1-2-3変速時期が早くなり、Dで伸びる(同一アクセル開度で+10q/h※アクセルのレスポンス向上
途中経過
終了時点:想像以上にオイルが黒くなりフラッシング効果を実感、2回目の入替え効果が楽しみです

●車種:ランドローバー・ディフェンダー110Tdi (ターボディーゼル)MT車
開始距離:59040q
使用商品:工場専用インディウルティマSN 5W30
開始直後:交換直後はやはりとっても静か。
数日後アイドリング時の音が以前は「ガラガラ」だったのが『コロコロ』の様な音になっていました。
燃費は前9q/L台→10.18q/L、室内音58dB(現在)
途中経過:現在テスト中
終了時点

軽自動車


●車種:ワゴンRターボ車
開始距離:78061q
使用商品:工場専用インディウルティマSN 5W30
開始直後:乗ってすぐアクセルが軽くなった感じがします
N社のミドルグレードより良い
途中経過
終了時点:走行的には特に問題が無い気がしますが、5000q前後辺りからエンジン音が大きくなってきた気がします。
はじめの2〜3000qは燃費も良。その後は少しダウン
良いときは1〜2q/L改善

高出力・国産/輸入ガソリン車

車種:インプレッサWRX・Sti
開始距離:41704q
使用商品:スポーツVGX・SNプレミアム10W50
開始直後:冷間時の硬さ、重さは前使用オイルに比べると低減され、温まりも早い。
また、運転に関してクラッチを繋ぎやすくなった。シフトアップ/ダウン共に 回転を合わせやすくなった。エンジン回転のレスポンスが良くなりクラッチと回転が同調しやすくなった感じ。
途中経過:使用開始直後と比べ印象に特に大きな変化は無し。
冬期になった為始動開始直後は若干硬さは感じるもののこれまで使用してきたことのあるオイルに
比べると、わずかなもので、高粘度であることを考えると、かなり低抵抗であると思える。
終了時点:使用開始直後及び終了予定距離の半分のところと比べても、
特に変化は感じられない。初期の性能はほぼ維持されている様子。
なお、燃費に関しては季節の変化、車輌の使用状況の変化、装着パーツの変化などにより厳密な比較測定はできておらず数値的な変化の程度は分からないが、少なくとも良い方向ではある。

車種:ミツビシ ギャランフォルティス・ラリーアート
開始距離:q
使用商品:スポーツVGX・SNプレミアム10W60
開始直後:10W60なのでエンジンが重い回りで高回転が
伸びにくいかと思いましたが、特にそういった状態に
なること無くエンジンレスポンスは良好でした。
途中経過:入れ初めの頃となんら変化は無く、並みのエンジンオイルの交換する距離になっても違和感はありません
終了時点:最後まで劣化を感じることは無く、レスポンスの低下は起こらなかった。
イコールコンディションで次回交換を迎えました(サーキット走行20周以上を行ってます)

クリーンディーゼル車

strong>●車種:ニッサン・エクストレイル ターボクリーンディーゼルAT車
開始距離:60030q
使用商品:工場専用インディウルティマDL-1 5W30
開始直後:エンジンの回り方がスムーズ。アクセルに対してしっかりパワーが出てくる。
純正時はエンジンの反応が遅かった。
途中経過
終了時点:エンジンが冷えた状態でエンジンの回り方に重さが無くスムーズ。
純正は冷えたときに全く吹けない。DPFの再生している回数が少なくなった気がする。
ブースト計が負(左)に入ることが純正の時より少ない。オイルが古くなってきても性能が変わらない
《ケミカルメーカーサイト》


《提携整備工場》